いぼ治療で綺麗な肌へ【抵抗力を高める工夫が大切】

ウイルス性と加齢性に大別

婦人

液体窒素とレーザー施術

一番いぼで多いのは、尋常性疣贅というもので、ヒトパピローマウイルスの感染が原因です。感染経路となる傷を作りやすい手足に発生することが多いです。発生当初は小さな盛り上がりですが、段々と大きくなり、ときに病変部が合体していき巨大化することもあります。これが足の裏に現れると足底疣贅と呼ばれます。盛り上がった病変部が体重によって皮膚にめり込み、角質化した皮膚が周辺を覆っていることが多いです。魚の目と似ていて治療の際に診断が難しい場合は、削ってみて黒い点状のプツプツが見えたらいぼと判断します。いずれも自然治癒は可能ですが、人に移ることや周辺皮膚に広がることを考えると、治療が適切といえます。ウイルス性の水いぼは、ポックスウイルス科のウイルスであり、上記のものとは別物です。プールなどで感染が広がり、抵抗力の弱い幼児期以前の子どもが罹ります。それから、青年期以前に発生するいぼが扁平疣贅です。数ミリの少し隆起している褐色の病変部が、主に顔や手の甲に出るのが特徴です。これは体の成長に伴い治まっていくので、特に治療は必要ありません。反対に年齢を重ねるに従って出やすくなるのが、老人性疣贅です。別名は脂漏性角化症、できる場所は選びません。発生間もないときは1〜2ミリですが、徐々に大きくなるのが一般的です。濃い肌色のことも黒色のこともあり、ほくろに見えることもあります。これも特に治療を必要としませんが、まれに悪性腫瘍のことがあるため、急に大きくなるなどの異常を感じたら医師にかかりましょう。尋常性疣贅や足底疣贅といったウイルス性いぼは、保険適用の液体窒素療法とハトムギを原料にした内服薬による治療が一般的です。一定の効果が認められているものの、液体窒素を病変部に当てて凍らせて焼き切る方法で、痛みを強く感じることがあります。また、病変部の根まで焼き切るのが容易ではなく、数ヶ月間にわたって治療を受けなければいけない人もいます。液体窒素療法以外にもいくつか治療法があり、その中でも主流となっているのが、炭酸ガスレーザーによる処置です。老人性疣贅に適し、ウイルス性いぼにも対応しています。炭酸ガスレーザーであれば、美容外科などでも治療可能です。炭酸ガスレーザーは病変部に照射して焼き切る方法ですが、病変部だけに絞って反応してくれるので、健康な皮膚が傷つかないのがメリットです。病変部が根深い場合や大きな場合は、液体窒素療法のように何度か通院しなければいけないこともあります。ただ、レーザーでの処置は痕が残りにくいため、顔や首のように人目に付きやすい部分の治療に最適です。ヒトパピローマウイルスについては200種類以上が確認されているので、避けて生活することは困難です。したがって、感染しないように抵抗力を高める工夫が大切でしょう。また、ささくれを含む傷を作らないようにしたり、傷口には絆創膏を張っておいたりといった工夫も有効かもしれません。老人性疣贅では、原因の一つともいわれている紫外線や皮膚刺激などを避けて生活するといいでしょう。特にレーザー施術の後は紫外線に弱くなっているため、日焼け止めなどを忘れないようにしてください。

女医

出来物の治し方

いぼの治療をする時は、公式サイトから口コミまでいろいろな情報を集めたうえでよりお得で充実した保証がある病院で申し込むようにしましょう。また美容外科は傷跡が小さくてすむ上痛みや出血も少なく、充実した内容でカウンセリングを受けることが可能です。

女性

炭酸ガスレーザーの施術

炭酸ガスレーザーでのいぼ治療は、カウンセリングから始まってまずはテスト照射で試してみてから本番に入ります。施術そのものは難しくはありませんが、カウンセリングでの医師とのやり取りや保証など重要なポイントもあるのでそこはしっかり確認しましょう。

看護師

気になる治し方

いぼの種類は多いですが、基本的に自然に治る事はなく放置する事で増殖したり肥大する事もあります。そうなると小さい時より治療費が増えたり通院日数も増えます。早期に治療する事が大切であり、出来る場は皮膚科や美容整形外科クリニックがあります。

Copyright© 2018 いぼ治療で綺麗な肌へ【抵抗力を高める工夫が大切】 All Rights Reserved.